阿部 麻衣 MAI ABE

2016年4月入社営業部営業チーム

営業の仕事をしっかり支えるために、

あらゆる状況にも臨機応変に対応します。

周りの人たちに助けられながら
経験と研さんを積む毎日です。

私は営業アシスタントとして、主に受発注や伝票処理、見積もり作成、問い合わせへの対応などを行っています。学生時代のアルバイトや前職が接客業で、ずっと人と関わる仕事をしていきたいと思っていたので、取引先や営業担当とコミュニケーションを取りながら進めることが多い営業事務はまさに希望通りでした。

入社して半年ほどは、先輩に仕事をもらいながら少しずつ慣れていきました。最初は社内で飛び交う専門用語の意味が分からず苦労しました。基礎知識が身に付き、徐々に一人で案件を任されるようになってからも、毎日初めて経験する事案が起きるのでいつも先輩社員や詳しいお取引会社に質問していました。大方のことは一人でこなせるようになった今でも、研さんは欠かせません。

専門的な知識と作業の効率化で
営業担当を素早くサポート。

当社の営業アシスタントの強みは、外回りの多い営業担当がすぐに対応できない事務処理や問い合わせにもスピーディーに対応できるところ。専門知識が必要な場面も多いので大変ですが、素早さが売り上げにつながるため、営業担当と一丸となって頑張っています。毎日たくさんのお客さまに対応し、膨大な量の書類を処理するために心掛けているのは、やるべき仕事の優先順位を見極めること。特に朝は電話やFAX、メールが多いので、その中から午前中に処理すべきもの、少し時間をかけて考えるものなどを振り分けて効率化を図ります。

自分で考えて提案した見積もりが決まると、やりがいを感じますし、無事納品されたときの達成感は、確実に次の仕事への励みになります。営業担当と違ってお客さまと顔を合わせる機会はめったにありませんが、電話口の「マルキンサトーです!」という声をお客さまに覚えていただき、とてもうれしかったことを覚えています。

女性でも腰を据えて長く働ける
職場環境が当社の魅力です。

マルキンサトーは長年の実績で積み上げてきた伝統とノウハウ、しっかりとした基盤があり、それがお客さまからの信頼につながっていると思います。また各事業所や各部署で女性が活躍しているのも当社の特徴です。私が入社したのも、面接の際に女性が腰を据えて長く働くことができる職場だと説明を受けたことが決め手になりました。営業部も工場も明るい人が多く、いつも活気にあふれた職場環境も魅力です。

当社の仕事は量や内容が日々変わるので臨機応変で柔軟な対応が求められる場面が多く、なかなか大変ですが、大切なのは何事もまずやってみようと思う意欲だと思います。私も周りの人に教えてもらったり助けてもらって成長できたので、同じようにチャレンジする皆さんをサポートしたいと思っています。

1日の流れ

7:55出社
午前中の仕事をしやすくするため、机の上を整えたり、前夜に届いたFAXやメールに目を通しておきます。
8:30受注・伝票処理、電話対応
お客様からの電話が鳴り始め、事務所がにぎやかになってきます。午前中に処理を終えなければいけない案件が多いので、時間を気にしながら作業します。
11:00書類作成、書類整理
時間に迫られる仕事が一段落。午前中に処理した書類の整理や、お客さまへ提出する書類を作成します。
12:00昼休み
会社の近くにはおいしいお店があって誘惑も多いですが、昼食は主に手作りのお弁当です。
13:00見積作成
昼休みでリフレッシュされた頭をフル回転しながら、午前中に来ていた見積もり依頼に回答します。
15:00切板手配、打合せ
お客さまと電話で細かい点をすり合わせを行い、間違いがないよう切板を手配します。慌ただしい午前中よりこの時間に落ち着いて行う方が確実です。
16:30問い合わせ対応、伝票処理
お取引先に行っていた営業担当が外回りから戻ってくる時間帯。注文や問い合わせが多くなり再び慌ただしくなります。ラストスパート!
17:30退社
明日の段取りを済ませて退社。会社帰りに友人と待ち合わせて飲みに行くことも。お疲れさまでした。